タニタの無料健康管理アプリ 「ヘルスプラネット」がiPhone標準搭載アプリ「ヘルスケア」 と連携

タニタの無料健康管理アプリ 「ヘルスプラネット」がバージョンアップ

iPhone標準搭載アプリ「ヘルスケア」

と連携し4月18日よりApp Storeで配信開始

 

健康総合企業の株式会社タニタは、2013年にリリースしたスマートフォン向け健康管理アプリケーション「ヘルスプラネット」をバージョンアップし、4月18日よりApp Storeで配信を開始。

 

screen640x640

 

今回のバージョンアップでは、iOS8.0以上のiPhoneに標準搭載されているAppleの健康管理アプリケーション「ヘルスケア」とのデータ連携機能を実装した。これにより、通信機能を備えたタニタの体組成計で計測したバイタル(生体)データを「ヘルスケア」で一元管理できるようになる。

アプリ「ヘルスケア」は、ユーザーの健康とフィットネスの情報をデバイスの一カ所に集めて管理できるアプリケーション。ユーザーは「ヘルスケア」を通して、自身の情報にアクセス可能な連携アプリケーションを選ぶことができる。

 

 

 

タニタの無料健康管理アプリ 「ヘルスプラネット」がiPhone標準搭載アプリ「ヘルスケア」 と連携