日常生活と糖尿病の関連性を研究するアプリ「GlucoNote(グルコノート)」

東大とドコモ、ResearchKitで日常生活と糖尿病の関連性を研究するアプリ「GlucoNote(グルコノート)」を開発

「GlucoNote(グルコノート)」は多数の対象者から長期間にわたってデータを取得し、糖尿病と生活習慣の関連性を検証。

グルコ2

 

GlucoNoteは、従来の臨床研究では収集が難しかった、家庭で計測した血糖値や血圧、体重、活動量などのデータ、そして食事、運動、睡眠といった生活習慣に関する情報を継続的に収集することができ、これによって2型糖尿病患者や糖尿病予備群の健康状態と日常生活の関連性を多角的に調査します。さらに、GlucoNoteには自己管理支援機能も用意しており、健康的な生活習慣の維持を促すことで、予後の改善に効果があるか検証します。

 

スマホを活用して生活習慣が改善できるように自己管理を支援し、同時に生活習慣(食事、運動、睡眠)と在宅測定データ(血糖値、血圧、体重、活動量)の関係を明らかにし、より適切な自己管理支援につなげること

。国立国際医療研究センターと日本糖尿病学会が合同して進めている、病院の電子カルテから得られた情報をもとに、糖尿病患者の血糖管理状況、治療状況、合併症の有病率などを解析し、日本における糖尿病患者の実態を明らかにすることを目的とした「診療録直結型全国糖尿病データベース事業(J-DREAMS)」の解析結果と、GlucoNoteで得られた日常生活情報の解析結果を統合的に用いることができれば、2型糖尿病患者の状況をより多面的に把握できるという。

対象の人はアプリをダウンロードして参加してみてはいかがでしょうか。

日常生活と糖尿病の関連性を研究するアプリ「GlucoNote(グルコノート)」