ニュース

3歳までの育児期間の不安を解消 医療機関と連携したスマートフォンアプリ「育児手帳」 配信開始

3歳までの育児期間の不安を解消 医療機関と連携したスマートフォンアプリ「育児手帳」 配信開始

「育児手帳」 概要 育児手帳は、育児を支援するツールとして、毎週届く子どもの成長コラム「This Week’s Baby」、よくある悩みに関する「育児Q&A」、その時期に行って欲しいことやアドバイスを配信する「お子さまのためにして欲しいこと」などを提供し、「どの情報を信じていいのかわからない」「身近に相談する相手がいない」といった、3歳までの育児期間に多く...

「タニタ食堂」を岡山県内に初出店 一般財団法人淳風会と提携 2015年4月オープン

『2015年4月 岡山県内に「タニタ食堂」を初出店』 健康総合企業の株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、社長・谷田千里)と 岡山県で人間ドック・健診サービスを提供する一般財団法人淳風会(岡山県岡山市北区万 成東町3-1、理事長・原一穂)は、この度、食事を含めた新たな健康サポートサービス の提供を目的に包括的な業務提携を結びました。具体的に...

Hada more (ハダモア)—-これまでに無い!自宅で簡単にできる本格的なお肌チェックシステム [取材記事]

Hada more (ハダモア)----これまでに無い!自宅で簡単にできる本格的なお肌評価システム

2014年10月30日

  ———「Hada more(ハダモア)」を開発した背景は? 日立マクセルは、健康・理美容を成長3分野のひとつと定めています。その中でも強みとする製品であるスマートフォンのレンズ、車のバックモニタのレンズ、ヘアドライヤー、美顔器等の女性用の美容機器の開発などのノウハウを生かし、急速に普及してきたスマートフォンで自社の強みを生かしたサービス展開ができな...

ファンケルが遺伝子検査による予防医療事業へ参入

ファンケルは10月21日、同社のグループ会社であるファンケルヘルスサイエンスが、新たな予防医療事業として「グッドエイジングプログラム」を、11 月1 日からスタートすると発表した。 同事業は、生活習慣病の発症リスクが増加する 50 歳以上の中高年の方をターゲットに、遺伝子検査によって将来の生活習慣病リスクを解析し、専用サプリメントや生活習慣改善の提案を...

お医者さんと考えた妊婦向けアプリ 妊婦手帳についてお話をうかがいました[取材記事]

2014年10月17日(金) お医者さんと考えた妊婦向けアプリ『妊婦手帳』は、大手広告会社と大手携帯事業者が共同で取り組んだ本気のアプリ! 妊婦さんの強い要望や医師からのアドバイスを反映した、日本初の産科と連携した「妊婦を支援するアプリ」の開発秘話を、博報堂DYメディアパートナーズ ビジネスインキュベーションセンター  実吉賢二郎プロデューサー、丸山安曇ク...